あなたの2019年の運勢を先読み・九星気学で知る仕事と恋愛の運勢

東京 2018年12月22日(土)

スケジュール 12:30~15:30/第1部:九星気学で先読みする2019年の運勢
15:45~16:30/第2部:2018年のまとめとこれからの時代へのメッセージ
会場 ワイム貸会議室 四谷三丁目 Room C

東京開催のお申込みはこちら≫

大阪 2019年1月13日(日)

福岡 2019年1月20日(日)

岡山 2019年1月27日(日)

東京開催以外のお申し込みの受付は準備中です。しばらくお待ちください。

今回で10年目となる毎年恒例の年運先読みセミナー。 東京・大阪・福岡あわせて、 毎年100名以上の皆様にご参加いただいております。

年運先読みセミナーへの参加者は、 20代~40代の会社員の女性が6割です。
仕事と恋愛、人間関係など、 仕事とプライベートの両方の運気を先読みするコツを 具体的につかみにお越しいただいております。

毎回、1割くらいの割合で、 女性経営者個人事業主の方もいらっしゃいます。 売り上げに直結する今年のキーワードや、社員の育成のヒントをつかみに毎年お越しいただいております。

そして、子育て中の女性が3割
この日ばかりはダンナ様にお子様を預けて、自分、夫、子供の運勢をメモしてお帰りになられます。

年運先読みセミナーに参加しないと、今年が始まらない!とおっしゃる方が、毎年いらっしゃいますが、 だからといって九星気学に詳しいというわけではありません。

自分の本命(生まれ年の星)だけをその場で知り、その年1年に予測される、注意事項やチャンスのつかみ方を知り、「気」を上げて生きる事の大切さを思い出し、エネルギーを満たされて、会場を後にされています。

年運先読みセミナーは2部構成です。第1部では、九星気学に基づいた運気の乗り方やチャンスのつかみ方についてをご紹介します。そして、第2部では、栫井利依先生が登壇するスペシャルセミナーとなっております。

栫井利依(かこいりえ)先生といえば、常に5年~10年先を先取りした最先端の情報を発信し続けている事は、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、今回も、未来を見据えた新しい生き方と考え方をお届けする内容となります。時代の変わり目となる今、最も必要なお話をお聞きいただけます。

運勢を知るカギは9つの星

このセミナーでは、九星気学(きゅうせいきがく)を使って、2019年の運勢をお話します。九星気学って何?という方のために少しご説明いたしましょう。

九星気学は一般的には気学(きがく)と言われています。
土地の形や家の間取りなどを見る風水や、引っ越しの時に吉の方位を選ぶ方位術などの元になっているモノです。目に見えない「気」というものを9つに分類して、運勢を見る事ができるものです。

九星気学では、生まれた年で、あなたの星がわかります。生まれた年の星を本命(ほんめい)の星と呼びます。

本命の星は9種類あります。一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つです。本命の星を知る事が運勢を知るための最初のカギとなります。

本命の星を調べる≫

上に戻る↑

新しい時代の幕開け

あなたの2018年は、どんな1年でしたか?
楽しい事があった人。
仕事が忙しくて大変だった人。
苦しくて辛い1年だった人。
心に残る思い出ができた人。
悲しい別れを体験した人。
新たな出会いがあった人。
何かを始めた人、終わらせた人。
様々な人生のストーリーを体験されたことでしょう。

あなた自身の人生にストーリーがあるように、
宇宙や地球にもストーリーがあります。
宇宙と地球は、大きな節目を迎えています。

地球は宇宙の影響を受けて存在しています。
地球に生きている生命体である、私たちも、
宇宙と地球の影響を受けています。
今、宇宙の気の流れは、新しい世界の幕開けを準備しています。
古い舞台は取り壊され、新しい舞台が作られようとしています。

古い世界から離れる

これなら一生安心で安全と思えるもの…
学歴、職業、立場、ブランド、保証、貯金、習慣。
そういう、安心で安全に見える既存の物事や考え方を、
2018年は、捨てなければならなかった1年でした。

あなたの人生や生活の中でも、
TVやネットなどの情報を見聞きしても、
古い世界の崩壊と新しい世界の出現を、感じられたのではないでしょうか?
例えば、相撲、ラグビー、体操、等、
スポーツの世界の裏側が明るみとなり、古い体制が疑問視されていますが、
これもまた、2018年の気の流れといえるでしょう。

望んでいなかったもの

2018年の全体的なテーマは、
これからの繁栄のために、
捨てなければならないものがあるという事です。

宇宙と地球の気の流れは、
ターニングポイントを迎えています。
宇宙と地球の気が、新たに用意する基盤は、
私達の望まない「不本意な基盤」です。

例えば…長年勤めた会社を辞めて、
自分が望んでいなかった職業に就いた。

例えば…親の介護で都会から田舎へ引っ越して、
今までと違う不自由な生活になった。

人生を切り替えて、望んでいなかった方向に、
不本意ながらも、進むことにした。


これが、2018年の全体的な傾向です。
もし、この通りに人生が動いているならば、
あなたは、とても運勢が強い人です。

新たな使命の自覚

新しい時代の幕が開くのは2020年です。

その2年前となる2018年に、私たちは、
それぞれの役割に沿った何らかの準備の機会を与えられていました。
しかし、それは気乗りがしない準備でした。

それでも、与えられた役割や使命を素直に受け入れ、
情熱をもって、それを行う事が必要でした。

なぜなら、2018年に与えられた準備の機会は、
あなたの「使命の自覚」につながるものだからです。

今まで認識していた「私の役割」では無い、
新たな役割や使命に、あなたは気付く事ができましたか?

新たな役割や使命に気付けていなくても、
準備ができていなくても大丈夫です。
1年の気は2月の立春で切り替わります。
2018年の「やり残し」は、
2019年2月立春前迄に着手してあれば大丈夫。
だから、充分間に合います。
まずは、あなた自身の2018年を振り返ってみましょう。

本命の星を調べる≫

上に戻る↑

あなたの2018年を振り返る

一白水星の人

今までやってきた事、信じて来た道が、実を結ぶ年でした。年の前半は、結論が出ないまま、待たされているような状態で、イライラしたり、我慢を強いられるような運勢だったのではないでしょうか。一転、8月を過ぎると、一気に物事が動き出し、慌てた人もいるかもしれません。
2018年は、本物の実力を身に付ける年だったと云えるでしょう。待たされていた前半で、どれだけ実力を身に付けたか。どれだけの協力者や賛同を得られたか?運勢の強い一白水星なら、大物や実力者のサポートを得て、実力を発揮できたことでしょう。

二黒土星の人

決意の気を立ち上げると、それを活かそうという宇宙の気が応援しはじめる。そんな2018年は、ヤル気を立ち上げた人から順に活かされる場が用意されました。 些細な事件がいくつもあり、その対応に追われた1年でしたね。その出来事によって、成長したのではないでしょうか。
2018年は受け取るよりも与えることで運勢が活性化する年でした。二黒土星は受け身の人が多く、自分から相手に与えることに慣れていません。 自分から話しかけて、自分から微笑んで、自分が少し損をして、相手のために動く。チャレンジと学びの多い年でした。

三碧木星の人

生活が変わり、役割が変わり、環境が変わり、人生が変わる。人生のターニングポイントを迎えていましたね。向上心や上昇志向が強い人は、予期せぬトラブルに遭遇したかもしれません。2018年は、生活、基盤、家庭、子供、部下など、上よりも下に、外よりも内に、目を向ける事が必要な時でした。
年の前半前半にしっかり止まる事が何よりも大切な事でした。前半は物事が停滞していましたが、後半になると、大きな変化の訪れと共に、人生が動き出しましたね。 あれこれ手を出さず、心を落ち着かせて、次の目標となる焦点を絞り込めましたか?

四緑木星の人

ヤル気を出して活躍する事が気に乗るコツだった2018年。しかし、ヤル気を出すと、困難な出来事が出現するという運勢でした。四緑木星に与えられたものは、問題やトラブルへの対応でした。不満や不安が出てしまい、悩みを更に深めてしまった人もいるかもしれませんね。2018年の感情的な摩擦は早めに治めておくべきでしょう。
何よりも重要だった事は、内側を整える事でした。内側とは、心の中、家の中、身の回り、身近な人間関係です。問題やトラブルが起きても、身近な関係が整っていたからこそ、結束は強まり、どんな難問にも対応できましたね。

五黄土星の人

何を捨てて何を残すかを、決断する1年でした。その決断は、誰もアドバイスをくれませんでした。自分で選択して決意する事が必要でしたね。今まで、欲張って抱え過ぎていた余分なものを、切り離す事ができましたか?
2018年は、誰と関わり、誰から学ぶのか。友人や先生の選び方が非常に重要な1年でした。邪念や損得計算や好き嫌いの感情がある人は、目が曇り、判断が狂い、友人や先生に恵まれなかったかもしれません。充実した人間関係を得られましたか?学びを深めて知恵が生まれましたか?

六白金星の人

効率や損得で判断しない事。これこそが最大のチャレンジでした。合わない意見、すれ違い、コミュニケーショントラブル等、思い通りにならない事が多くありました。しかし、そのような思い通りにならない事によって、能力が高められ、忍耐力が育ち、人間性の成長が得られた事でしょう。
表の活動よりも、影役にこそチャンスあり。どんな頼まれ事も、自分の都合で断るべきではありませんでした。影役によって、これから必要となるスキルや経験を積むチャンスを活かすことができましたか?

七赤金星の人

勇気を出して心の殻を破り、今までの活躍の場から離れ、新しい扉を開く年でした。新しい事を始めた人も多かったのではないでしょうか。
そして、誰について行くのか?という事も、大切なテーマでした。 ポイントは、従う相手に対して、自分の未来を託す時に成果を考えないという事です。疑問も不満も持たず、 どんな未来であっても、一切の打算が無い状態で、途中で変える事無く、従って行こうという強い決意が必要でした。 あなたは、誰に従うと決めましたか?そして、どんな扉を開きましたか?

八白土星の人

2018年の決意は、今後10年の道を作ることになります。予想もしなかった環境や縁が目の前に出現し、今迄、上手くいっていた事が崩れ出しました。 その出来事は、新しい環境という次のステージに進む追い風でした。
運勢は強く、大きな事ができる時でした。早めの着手と、丁寧な処理が求められました。 なによりも、ヤル気が重要な1年でしたね。 ヤル気を出して新しい人生が動き始めるタイプと、目的を見失って自暴自棄となるタイプ。八白土星の運勢は二極化していました。

九紫火星の人

今迄、やってきたことを定着させる1年でした。何も見えていなかった状態から、何らかの結論が出て来たのではないでしょうか。 トライ&エラーを繰り返しながら、あなたの心は決まりつつあるでしょう。
自分が動くよりも、周囲を活躍させる1年。全方向、360度全てと関わる2018年。中心に座りながら発光し、世界を明るく照らす智恵と情熱の存在になるのか?それとも、炎で全てを焼き尽くす存在となるのか?正念場の1年でした。また、全く違う環境や、未知の世界への挑戦は、自分の世界を広げる貴重な機会でしたね。

セミナー概要

第1部:2019年の年運先読みセミナー
●2019年全体の循環リズム●願いを叶える神社仏閣(恵方参り)●2019年のラッキー風水(恵方置き)●生まれ星別の運勢とテーマ●運気がUPする初買い物

第2部:2018年のまとめとこれからの時代へのメッセージ

セミナー名称 2019年の年運先読みセミナー
開催日時(東京) 2018年12月22日(土)/第1部 12:30~15:30/第2部 15:45~16:30
講師(東京) 第1部:杉山晏里(キポログ)
第2部:栫井利依(内面育成メソッド心理学協会 代表)
参加費 8,640円(税込み/テキスト代込み)
※第1部のみ参加・第2部のみ参加・両方参加、すべて同価格です。
お支払い方法 銀行振り込み
参加条件 誰でも参加いただけます。
持ち物 筆記用具
主催 内面育成メソッド心理学協会
開催場所(東京) ワイム貸会議室 四谷三丁目 Room C
東京都新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F
最寄り駅:丸の内線 四谷三丁目駅徒歩1分

東京 2018年12月22日(土)

スケジュール 12:30~15:30/第1部:九星気学で先読みする2019年の運勢
15:45~16:30/第2部:2018年のまとめとこれからの時代へのメッセージ
会場 ワイム貸会議室 四谷三丁目 Room C

東京開催のお申込みはこちら≫

上に戻る↑