九星気学風水とは?

気学のなりたち

九星気学風水とは、「九星」「気学」「風水」という3つの要素から成り立っています。その中でも「気学」の考え方を中心としています。それは、中国大陸を中心とした東洋の英知であり、農耕の文明とともに完成された学問でもあります。

農業のスタートは、今から7000年ほど前と云われています。人類は農業により、季節の移り変わりを体験しました。7000年前以前は、人類は人間の人間の身体や内側にあるものに対する驚きと崇拝を持っていましたが、7000年前以降に季節の存在に気付いてからは、人間以外の外側の大いなるものに対する驚きと感動を得たのだそうです。
季節の発見から暦が作られ、天空の動きから方位の概念が生まれ、現代の私たちの生活の中にも、太古の昔に発見された季節や方位の概念は継承され続けています。

天という宇宙全体の働きと地である地球の動きがあり、その中で生命体の活動があるのですから、本来あるべき姿というのは、天と地と人の動きから、おのずと予測されてきます。つまり、九星気学風水とは、占いではなく天体学です。季節の流れを見るように、天(宇宙)のエネルギーと、地(地球)のエネルギーと、人(生命体)のエネルギーのコラボレーションを見ていくことで、人生の流れや、1年の動きをみることができます。

3つの気

あるべき姿のようであれば活かされる…それが気学の考え方ですから、その人その人が持っている星のあるべき姿のとおりに生きている人というのは、運勢の強い人と考えます。
しかし、現代社会では、人間は自然と隔絶された世界で生きている私たちは、どうしても、本来のあるべき姿を見失いがちです。そんなときに、気学は、人生の羅針盤になるはずです。

九星気学風水は、その人がどうやったら能力を一番発揮できるか?を知るのに適しています。人生のバイオリズムを知るためにも役立ちますし、問題が起きたときには原因を探る手助けにもなります。さらに、もっと良い人生を掴みたいという思いがあれば、引越しや旅行での方位移動によって、自分の人生のベクトルを変えることも可能です。姓名を整えることで、自分の内気と人生を整えることもできます。受身ではなく能動的に人生を開拓したいという方に、ぜひ活用していただきたいツールであり叡智なのです。