九星気学風水とは?

気学のなりたち
九星気学風水とは、「九星」「気学」「風水」という3つの要素から成り立っています。その中でも「気学」の考え方を中心としています。それは、中国大陸を中心とした東洋の英知であり、農耕の文明とともに完成された学問でもあります。つまり、九星気学風水とは、占いではなく天体学なのです。
…もっと見る
生気と活気
自分が生きる力を「生気(ショウキ)」といい、「自力(ジリキ)」と呼びます。英語では「Power」と解釈します。自力は、内側から外に向かう方向性を持っていて「生きよう」とする力です。「生きよう」とすると、外気は「活かそう」としてきます。「生きる力」に「外気の活かす力」が働いてきます。
…もっと見る
九星の特徴
九星は生命体全体の気であり、人の気でもあります。九星は1年ごとに順番にめぐってきます。私たち生命体は、生まれた時に初めて吸い込むのがその年の気ですので、生まれた年ごとに各人の九星が異なります。生命の方向性は9種類あります。それぞれにテーマがあり役割があります。
…もっと見る
本命星一覧
気学は太陰太陽暦を用いますので、立春(2/4頃)から1年が始まります。1/1~節分2/3頃までの生まれは前年の生まれとしてみます。生まれた年によって九星が変わるので、その人の生まれた年によって本命星は異なります。
…もっと見る